【超図解】リクルートダイレクトスカウト(RECRUIT DIRECT SCOUT)の登録方法や入力時の注意点を詳しく解説

リクルートダイレクトスカウトの登録方法

この記事では、リクルートダイレクトスカウトの登録方法について、失敗しない入力の仕方や注意点を図解付きで詳しく解説します。

リクルートダイレクトスカウトトップ画

おすすめポイント

  • ハイクラス向け転職スカウトサービス
  • ヘッドハンター数600名
  • 年収800万円以上の求人 約28,000件
目次

リクルートダイレクトスカウトの登録方法

リクルートダイレクトスカウトの登録方法
登録にかかる時間約20分
リクルートダイレクトスカウトの登録の流れ
画面1:新規会員登録情報の入力
  ▼
メールにて本人確認
  ▼
画面2:プロフィール情報の入力
  ▼
登録完了

新規会員登録情報の入力

新規会員登録情報の入力

【入力する項目】
・メールアドレス
・パスワード

登録開始

登録開始

無料 今すぐ登録する」をクリックで登録開始。

メールアドレス

メールアドレス

メールアドレスを入力。

メールアドレスは転職活動用に新しく作ることをおすすめします。

転職活動用に新しく作る方が良い理由
仕事やプライベートと切り離して管理できる
・通販広告やスパムメールに紛れて重要なメールを見落とすリスクを減らせる
・新規で作るので転職活動にふさわしいアドレスにできる

詳しくは下記を参照ください。
≫ メールアドレス|転職活動用に新規で作るべき理由

また当サイトでは、Gmailアドレスをおすすめしています。

Gmailアドレスがおすすめな理由
1人でも複数のアドレスが無料で作れる
・PCとスマホの両方で閲覧可能
転職活動に使っても問題なし

詳しい作り方は下記を参照ください。
≫ Gmailアドレスの作り方|1人で複数アドレス作成もOK~転職活動にふさわしいアドレスとは

パスワード

パスワード

パスワードを半角英数字6~20文字で設定。

パスワードは別途メモしておきましょう。ブラウザの保存機能だけに頼ると、パスワードがわからなくなった時に大変困るからです。

他のサイトのパスワードを使い回すのもNGです。

≫ パスワードとは|基礎知識と注意点

仮登録

仮登録

無料 登録する」をクリック。

本人確認メール

本人確認メール

本人確認メールに記載されたURLをクリック。

プロフィール情報の入力

プロフィール情報の入力

【入力する項目】・氏名
・生年月日
・性別
・都道府県
・直近の年収
・直近の業種/職種
・メールマガジン確認
・経歴マッチメール確認
・自動ログイン設定確認

氏名

氏名

氏名とフリガナを入力。

名前に難読漢字が含まれている方は下記を参照ください。入力に使える漢字、使えない漢字の具体例と判断基準を解説しています。

≫ 名前|難読漢字は「e-Gov電子申請」で使えるかを参考に

生年月日

生年月日

生年月日を西暦で入力。

和暦しか覚えていない方は、下記の早見表を参照ください。和暦と西暦を一覧にしているので、一目でわかります。

≫ 和暦/西暦 早見表

性別

性別

性別にチェック。

都道府県

都道府県

住所の都道府県を選ぶ。

直近の年収

直近の年収

直近の年収をリストから選ぶ。

≫ 年収|額面かつ手当含む

年収の選択肢は次のとおりです。

年収の選択肢
・600万円未満
・600万円以上~750万円未満
・750万円以上~800万円未満
・800万円以上~850万円未満
・850万円以上~900万円未満
・900万円以上~950万円未満
・950万円以上~1,000万円未満
・1,000万円以上~1,100万円未満
・1,100万円以上~1,200万円未満
・1,200万円以上~1,300万円未満
・1,300万円以上~1,400万円未満
・1,400万円以上~1,500万円未満
・1,500万円以上~1,600万円未満
・1,600万円以上~1,700万円未満
・1,700万円以上~1,800万円未満
・1,800万円以上~1,900万円未満
・1,900万円以上~2,000万円未満
・2,000万円以上~2,500万円未満
・2,500万円以上~3,000万円未満
・3,000万円以上~3,500万円未満
・3,500万円以上~4,000万円未満
・4,000万円以上~4,500万円未満
・4,500万円以上~5,000万円未満
・5,000万円以上

直近の業種/職種

直近の業種/職種

直近の業種・職種を入力。

業種の入力の仕方
業種の入力の仕方

業種を選択する」をクリックすると業種のウインドウが開くので、大分類を選ぶ

業種の入力の仕方

大分類に応じてリストアップされるので、近いものを選んで「決定」をクリック。

業種と職種の違いを詳しく知りたい方はこちら

≫ 業種と職種|会社目線か自分目線か

業種は非常に多岐に渡っています。リストで確認したい方は下記を参照ください。
≫ リクルートダイレクトスカウト|業種リスト

職種の入力の仕方
職種の入力の仕方

職種を選択する」をクリックすると職種のウインドウが開くので、大分類を選ぶ

職種の入力の仕方

大分類に応じてリストアップされるので、近いものを選んで「決定」をクリック。

業種と職種の違いを詳しく知りたい方はこちら

≫ 業種と職種|会社目線か自分目線か

職種も非常に多岐に渡っています。リストで確認したい方は下記を参照ください。
≫ リクルートダイレクトスカウト|職種リスト

メールマガジン受取確認

メールマガジン受取確認

メールマガジンを受け取るならチェック。

転職活動に有益な情報が定期的に届きます。あとで解除できるので、一旦受け取る設定にし内容を確認してから判断しましょう。

経歴にマッチした求人情報の受取確認

経歴にマッチした求人情報の受取確認

経歴にマッチした求人情報の受け取るならチェック。

登録情報にマッチした求人があった場合に、メールが届きます。あとで解除できるので、一旦受け取る設定にし内容を確認してから判断しましょう。

自動ログイン設定

自動ログイン設定

自動ログインを設定するならチェック。

自動ログイン設定はおすすめしません。転職活動を他人に知られてしまうリスクが高くなるからです。

≫ 自動ログインとは

登録完了

登録完了

登録する」をクリック。

以上で登録完了です。

リクルートダイレクトスカウトトップ画

おすすめポイント

  • ハイクラス向け転職スカウトサービス
  • ヘッドハンター数600名
  • 年収800万円以上の求人 約28,000件

まとめ|複数サイト登録のすすめ

転職サイト登録なび

登録が無事完了したら、続いて他の転職サイトも登録しましょう。

複数登録をすすめる理由

  • 転職サイトには得意・不得意があるため、選択肢を広げておく方が良い
  • 入力した内容が頭に残っているので、時間をかけずに効率良く入力できる
  • 転職エージェントとは相性があり、何人か面談した上で一番信頼できる人を選ぶべき

【参考】大手転職サイト「リクナビNEXT」の公式HPには、次のことが書かれています。

1社の転職エージェント(人材紹介会社)から紹介される求人案件数は、平均して数件です。より幅広く求人を比較検討した上で活動を進められるように数社~10社程度はご併用いただくことをお勧めしています。

リクナビNEXT引用

引用)リクナビNEXT|転職エージェントを活用するポイント

このように転職成功者にとって複数登録は当たり前。より多くの求人を比較検討し、転職に成功しています。

複数登録について、詳しくは下記の記事を参照ください。
≫ 複数の転職サイトに登録してベストな会社を見つけたい|メリット/デメリットと注意点

追加登録するサイトを探している方は、次の転職サイト一覧を参照ください。この一覧に載っているサイトにはすべてマニュアルが揃っています

他の業界も含めたすべての転職サイト一覧はこちら

≫ 転職サイト一覧|マニュアル付

ホームページへ
(画像をクリックで転職サイト一覧へ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次