【超図解】ビズリーチ(BIZREACH)の登録方法や入力時の注意点を詳しく解説

ビズリーチの登録方法

この記事では、ビズリーチの登録方法について、失敗しない入力の仕方や注意点を図解付きで詳しく解説します。

ビズリーチトップ画像

おすすめポイント

  • 管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
  • 会員数94万人以上、ヘッドハンター1,700名以上、採用企業社数6,700社以上
  • 職務経歴書を登録すると厳正な審査をクリアしたヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が職務経歴書を見て直接スカウト
  • 会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人やポジションも多数
目次

ビズリーチ(BIZREACH)の登録方法

ビズリーチの登録方法
登録にかかる時間30分超
ビズリーチの登録で入力する項目
・メールアドレス
・パスワード
・現在の年収
・性別
・住所
・生年月日
・語学
・最終学歴
・氏名/フリガナ
・電話番号
・転職経験
・転職希望時期
・勤務先情報
・業種
・職種
・業務内容

メールアドレスで登録開始

メールアドレスで登録開始

メールアドレスを入力し「同意して、会員登録(無料)する」をクリック。

メールアドレスは転職活動用に新しく作ることをおすすめします。

転職活動用に新しく作る方が良い理由
仕事やプライベートと切り離して管理できる
・通販広告やスパムメールに紛れて重要なメールを見落とすリスクを減らせる
・新規で作るので転職活動にふさわしいアドレスにできる

詳しくは下記を参照ください。
≫ メールアドレス|転職活動用に新規で作るべき理由

また当サイトでは、Gmailアドレスをおすすめしています。

Gmailアドレスがおすすめな理由
1人でも複数のアドレスが無料で作れる
・PCとスマホの両方で閲覧可能
転職活動に使っても問題なし

詳しい作り方は下記を参照ください。
≫ Gmailアドレスの作り方|1人で複数アドレス作成もOK~転職活動にふさわしいアドレスとは

ソーシャルログイン

ソーシャルログイン(SNSなどのアカウントでログインすること)はおすすめしません

【理由】

  • 意図しない形でプライベートまで知られてしまう
  • SNSアカウントが凍結されると転職サイトにもログインできなくなる
  • リスクが高い割にはメリットが少ない

≫ ソーシャルログインとは

本人確認メール

本人確認メール

本人確認のメールが届く。

認証コード

メールに記載の認証コードを入力。

パスワード

パスワード

パスワードを10文字以上の半角英数記号で設定。

パスワードは別途メモしておきましょう。ブラウザの保存機能だけに頼ると、パスワードがわからなくなった時に大変困るからです。

他のサイトのパスワードを使い回すのもNGです。

≫ パスワードとは|基礎知識と注意点

現在の年収

現在の年収

現在の年収に近いものを選ぶ。

年収の選択肢は次のとおりです。

年収の選択肢
・500万円未満
・500-600万円
・600-750万円
・750-1,000万円
・1,000-1,250万円
・1,250-1,500万円
・1,500-2,000万円
・2,000-3,000万円
・3,000-5,000万円
・5,000万円以上

≫ 年収|額面かつ手当含む

性別

性別

性別を選ぶ。

≫ 性別|選択しなくてもいい転職サイトが増えてきている

住所(都道府県)

住所(都道府県)

住所(都道府県)を選ぶ。海外の選択肢あり

生年月日

生年月日

生年月日を入力。

生年月日の入力方法

生年月日の入力方法

アイコンをクリックするとカレンダーが開く。

生年月日の入力方法

生まれたを選ぶ。

生年月日の入力方法

生まれたを選ぶ。

生年月日の入力方法

生まれたを選ぶ。

語学

英語

英語

英語のレベルを選ぶ。

英語のレベルの選択肢は次のとおりです。

英語レベルの選択肢
・ネイティブレベル
・ビジネス会話レベル
・日常会話レベル
・基礎会話レベル
・なし

TOEIC

TOEIC

+TOEICの点数を追加」をクリックすると
専用入力欄が開くので、点数と取得年を入力。

TOEICを何度も受けているなら、過去最高点を入力しましょう。

その他の言語

その他の言語

+言語を追加する」をクリックすると、その他の言語欄が開く。

その他の言語

言語を選ぶ。

その他の言語

会話レベルを選ぶ。

学歴

学校種別

学校種別

学校種別をリストから選ぶ。

学校名/学部/学科/専攻

学校名/学部/学科/専攻

学校名、学部/学科/専攻を入力。

卒業後に学校名が変わった場合は、卒業時の名称を入力してください。
卒業証書と一致させておく方が、無用な疑問を持たれないからです。

変更後の学校名は自由入力欄などで説明しておきましょう。詳しくは下記を参照ください。
≫ 学校名が変わっていても卒業時の名称を入力

卒業年月

卒業年月

卒業年月を入力。

≫ 学歴|専攻・卒業年次まで詳しく

氏名/フリガナ

氏名/フリガナ

氏名とフリガナを入力。

名前に難読漢字が含まれている方は下記を参照ください。入力に使える漢字、使えない漢字の具体例と判断基準を解説しています。

≫ 名前|難読漢字は「e-Gov電子申請」で使えるかを参考に

電話番号

電話番号

電話番号を「-(ハイフン)」無しで入力。

電話番号の入力後は、復唱して間違いないか再確認してください。電話番号は入力ミスしてもすぐには気付かず、緊急時に困ることになるからです

固定電話よりも個人用の携帯が適しています。

個人用の携帯が適している理由
緊急時にすぐに連絡がつく
・電話に出られなくてもSMS(ショートメッセージ)で伝言可能
・仕事や家庭と区別できる

勤務先から貸与された携帯はNGです。

勤務先から貸与された携帯がNGな理由
通話記録が知られてしまう
・貸与品の業務外使用は処罰の対象となる
・返却する際、履歴データの完全消去が難しい
・退職後に転職サイト側の登録を消し忘れるとトラブルになる

詳しくは下記を参照ください。
≫ 電話番号|個人携帯がおすすめ

転職経験

転職経験

転職経験の有無を選ぶ。

≫ 職歴|隠さず入力しないと詐称になる恐れあり

転職希望時期

転職希望時期

転職希望時期にあてはまるものを選ぶ。

転職希望時期の選択肢は次のとおりです。

転職希望時期の選択肢
・3ヶ月以内
・6ヶ月以内
・1年以内
・今は転職を考えていない

会社名/部署/役職名

会社名/部署/役職名

直近の会社名/部署/役職名を入力。

≫ 勤務先|自分の情報を閲覧させないために入力必須

≫ 会社名を正確に|株式会社を略さない

在籍期間

現在も勤務している場合

在籍期間

在籍期間を入力。

退職している場合

在籍期間

離職中の場合は「現在勤務している」のチェックを外し、退職年月を入力

業種

業種

直近の在籍企業の業種をリストから選ぶ。

業種の選択肢は次のとおりです。

業種の選択肢
・IT・インターネット
・メーカー
・商社
・流通・小売
・コンサルティング
・マスコミ・メディア
・エンターテインメント
・金融
・建設
・メディカル
・エネルギー
・保険
・不動産
・士業
・サービス
・運輸・交通
・物流・倉庫
・その他(教育・官公庁)など
業種

選んだ分野に応じた業種がリストアップされるので選ぶ。

業種と職種の違いを詳しく知りたい方はこちら

≫ 業種と職種|会社目線か自分目線か

職種

職種

植菌の在籍企業での職種をリストから選ぶ。

職種の選択肢は次のとおりです。

職種の選択肢
・経営
・管理
・マーケティング
・営業
・コンサルタント
・ITコンサルタント
・専門職
・IT技術職
・ゲーム
・電気・電子
・半導体
・機械
・化学
・金融
・研究・臨床開発・治験
・建築・土木
・人事
・サービス
・プロジェクト管理
・Webサービス・制作
・デジタルマーケティング
・広告
・新聞・出版
・テレビ・放送・映像・音響
・デザイン
・素材
・食品
・化粧品
・日用品
・不動産
・施工管理
・医療営業
・生産管理・品質管理・品質保証
・学術・PMS・薬事
・医療・看護・薬剤
職種

選んだ分野に応じた職種がリストアップされるので選ぶ。

業種と職種の違いを詳しく知りたい方はこちら

≫ 業種と職種|会社目線か自分目線か

業務内容

業務内容

直近の在籍企業での業務内容を入力。

≫ 自由入力欄に書きたい具体的な項目

≫ 自由入力欄の活用方法と注意点

以上で基本情報登録の完了です

ビズリーチトップ画像

おすすめポイント

  • 管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
  • 会員数94万人以上、ヘッドハンター1,700名以上、採用企業社数6,700社以上
  • 職務経歴書を登録すると厳正な審査をクリアしたヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が職務経歴書を見て直接スカウト
  • 会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人やポジションも多数

転職サイト登録の失敗を防ぐ5つのこと

転職サイト登録の失敗を防ぐ5つのこと

  1. 入力必須項目を整理しておく
  2. 転職サイト登録用メールアドレスを新規で作る
  3. パソコンで入力する
  4. ネット登録のマナーを知っておく
  5. ネット登録の基礎知識をおさらいする(パソコン初心者)

入力必須項目を整理しておく

転職サイトに登録する際、入力必須項目は事前に整理しておきましょう。行き当たりばったりで入力すると失敗してしまうからです。例えば下記のようなものがあります。

  • 会社名など、正式名称が必要なもの
  • 職務経歴など、時系列で月単位まで正確に入力する必要があるもの
  • 資格や免許など、自分が入力し忘れたら誰も気づかないもの

具体的な整理の仕方については下記を参照ください。
≫ 入力必須項目を事前に整理する

転職サイト登録用メールアドレスを新規で作る

転職サイト登録用のメールアドレスを新規で作りましょう。

転職活動専用のメールアドレスを新規で作るべき理由

  • 仕事、プライベートと切り離して管理できる
  • 通販広告やスパムメールに紛れて重要なメールを見落とすリスクが減らせる
  • 新規で作るので転職活動にふさわしいアドレスにできる

手持ちのアドレスを使い回すのは、おすすめしません。まして会社のアドレスは絶対NGです。

メールアドレスは転職活動用に新しく作ることをおすすめします。

転職活動用に新しく作る方が良い理由
仕事やプライベートと切り離して管理できる
・通販広告やスパムメールに紛れて重要なメールを見落とすリスクを減らせる
・新規で作るので転職活動にふさわしいアドレスにできる

詳しくは下記を参照ください。
≫ メールアドレス|転職活動用に新規で作るべき理由

また当サイトでは、Gmailアドレスをおすすめしています。

Gmailアドレスがおすすめな理由
1人でも複数のアドレスが無料で作れる
・PCとスマホの両方で閲覧可能
転職活動に使っても問題なし

詳しい作り方は下記を参照ください。
≫ Gmailアドレスの作り方|1人で複数アドレス作成もOK~転職活動にふさわしいアドレスとは

パソコンで入力する

転職サイトの登録は、パソコンで入力しましょう。

できればパソコンをおすすめする理由

  • 画面が大きく間違いを見つけやすい
  • 調べ物があったときに入力画面を並べられる
  • コピー&貼り付けがしやすい
  • アップロードがしやすい

スマホは画面が小さい上にキーボード/マウスが使えないため、何かと不都合です。

人生を左右する重要な登録です。パソコンでの入力をおすすめします。
≫ 転職サイトの登録はパソコンで

ネット登録のマナーを知っておく

ネット登録のマナーを知っておくと、スムーズに登録できます。具体的には次のことです。

知っておきたネット登録のマナーやスムーズに進めるコツ

  • うっかり閉じてしまったウィンドウを開くには
  • 規定のアプリを確認しておく
  • ブラウザの「戻る」や「更新」は使わない
  • 入力途中の調べ物は新しくブラウザを立ち上げる
  • 入力変換のショートカットキーを使いこなす
  • 複数のサイトを同時並行して登録しない
  • 通信環境は安定しているか確認しておく
  • 寝落ちに備えて一時保存をこまめにする
  • 1項目ずつ完成させながら進める

詳しくは下記で解説しています。
≫ 知っておきたいネット登録のマナー|スムーズに進めるコツ9選

ネット登録の基礎知識をおさらいする(パソコン初心者)

パソコンに不慣れな方は、ネット登録の基礎知識をおさらいしておくと安心です。具体的には次のことです。

ネット登録の基礎知識(パソコン初心者向け)

  • ブラウザとは
  • メーラーとは
  • PDFとは
  • アップロードとは
  • URLとは
  • IDとは
  • パスワードとは
  • ログインとは
  • 自動ログインとは
  • ソーシャルログインとは

詳しくは下記で解説しています。
≫ Q&A|今さら人に聴けないネット登録の基礎知識

ビズリーチトップ画像

おすすめポイント

  • 管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
  • 会員数94万人以上、ヘッドハンター1,700名以上、採用企業社数6,700社以上
  • 職務経歴書を登録すると厳正な審査をクリアしたヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が職務経歴書を見て直接スカウト
  • 会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人やポジションも多数

まとめ|複数サイト登録のすすめ

転職サイト登録なび

登録が無事完了したら、続いて他の転職サイトも登録しましょう。

複数登録をすすめる理由

  • 転職サイトには得意・不得意があるため、選択肢を広げておく方が良い
  • 入力した内容が頭に残っているので、時間をかけずに効率良く入力できる
  • 転職エージェントとは相性があり、何人か面談した上で一番信頼できる人を選ぶべき

【参考】大手転職サイト「リクナビNEXT」の公式HPには、次のことが書かれています。

1社の転職エージェント(人材紹介会社)から紹介される求人案件数は、平均して数件です。より幅広く求人を比較検討した上で活動を進められるように数社~10社程度はご併用いただくことをお勧めしています。

リクナビNEXT引用

引用)リクナビNEXT|転職エージェントを活用するポイント

このように転職成功者にとって複数登録は当たり前。より多くの求人を比較検討し、転職に成功しています。

複数登録について、詳しくは下記の記事を参照ください。
≫ 複数の転職サイトに登録してベストな会社を見つけたい|メリット/デメリットと注意点

追加登録するサイトを探している方は、次の転職サイト一覧を参照ください。この一覧に載っているサイトにはすべてマニュアルが揃っています

他の業界も含めたすべての転職サイト一覧はこちら

≫ 転職サイト一覧|マニュアル付

ホームページへ
(画像をクリックで転職サイト一覧へ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次